テストとは、ペルソナを満足させる工程である


本日のLOGOSWAREチャンネルに出演しました谷中です。
メルマガ
放送の録画

放送では、「LWのテスト手法」として、
・シナリオテスト
・網羅テスト
を説明しました。

その中で、「ペルソナに対してシナリオを作成する」と述べました。
ロゴスウェアのテストとして最も重視しており、さらに継続的に進化させたい点ですので、補足します。

****************************************************************************************

「ペルソナ」とは、製品の顧客として想定する架空のユーザ像です。
私たちが考える“テストのあるべき姿”とは、「ペルソナ」を満足させられるかを評価することです。
一般的なテスト工程の管理ツールにあるような、“バグ発生件数と修正件数の成長曲線を見る”ような方法は採用していません。別の機会に紹介すると思いますが、「バグがなければ良い製品である」とは、根本的に思っていない・・・からです。
その代わりに、「ペルソナ-シナリオ」を重要視しています。

私は、「時間的余裕がないのに、大量のコンテンツを作成しなければならない担当者」を常に想定します。
このペルソナは、“何らかのエラーが画面に表示されたら絶望的な気分になる”ことは容易に想像できます。
このような絶望的な状況でペルソナが必要とするのは「懇切丁寧なエラーの説明」ではありません。「次に、何をすれば良いのか」を具体的に説明したメッセージです。
“バグ件数ゼロ”という基準では、「アラートが出たからOK」という判断になる可能性があります。
私たちが「ペルソナ-シナリオ」を重要視している理由はここにあります。

目に見える現象ではなく、その意味を検証するのが、私たちが採用している手法です。

****************************************************************************************

「ペルソナ」は、当初はその名の通り“架空”の存在です。
しかし、お客様の声を聞けば聞くほど、そのペルソナに反映されて、“実在性”が増すと考えています。

ロゴスウェアのテスト工程も「お客様に真摯に向き合う」に真正面から取り組んでいる点をご紹介させていただきました。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>