SSHトンネリングでMySQLに接続する


PC上からサーバのMySQLのデータベースの内容を見たい場合、コマンドラインでは効率が悪く、
ブラウザベースの有名なツールとしてphpMyAdminがありますが、セキュリティ的に問題があります。
また、不必要に外部にMySQLのポート公開するのもよくありません。

そこで、WindowsのTeraTermを使ってSSHトンネリングを行い、
MySQL Workbenchを使って接続してみます。
(Workbench単体だけでもTCP/IP over SSHを選択することで繋がります。)

(1)TeraTermを起動し、SSHでサーバにログインします。

(2)「設定」→「SSH転送」を選択します。

snap_sshe3839de383bce38388e8bba2e98081_20120816_no00

(3)【追加】ボタンを押して、転送情報を入力し、【OK】を押します。
例)ローカルのポート:13306、ポート:3306

snap_sshe3839de383bce38388e8bba2e98081_20120816_no01

(4)保存されます。

このままだと、TeraTermを再起動すると消えてしまうので、
保存したい場合には、「設定」→「設定の保存」をしてください。

snap_sshe3839de383bce38388e8bba2e98081_20120816_no02

(5)次にMySQL Workbenchを起動し、「New Connection」をクリックします。
「Standard (TCP/IP)」を選択し、Hostnameに127.0.0.1、Portに(3)で指定した13306を入力します。
【Test Connection】を押して、接続が成功すればOKです。

snap_setup-new-connection_20120816_no00

以上のような簡単な手順でローカルPCからサーバ上のMySQLの内容を見ることができます。
今回はMySQL Workを用いましたが、他のツールでも同じような設定で可能だと思います。

The following two tabs change content below.

TAIRA

Sofrware Engineer.

Comments are closed.