提案は3つ出せ!


何かを提案する時は、「3案出して、上司に選ばせろ」という法則があるらしい。
これを知ったのは20年くらい前になる。

その本に書いてあった理由は確か、コレ。

  1. 3案も出せば、上司は「お前の考えは足りない」といういちゃもんを付け難いので、意外に即決してくれる
  2. 決断したのは上司なので、責任は上司にある

こんな穿った見方をしなくても、3案を示すということは「メリット/デメリット」を提示したことになるので、“普通に素晴らしい姿勢”である。

**************************************************************************************

考えれば考えるほど“ある1案”が素晴らしく思えてくるのはやむを得ないことである。

「コレ以外は考えられません。コレ以外をやるなんてアホです。」くらいの勢いで信念をぶつけてくるのも、私としては好感を持つのだが、一般的にはあまり良くないらしい。確かに、1案しかなかったら決断できない。
決断とはそもそも不確定な将来に対する選択であって、1案しかなければ選択は存在しない。

必殺の1案を胸に抱いて、敢えて3案を提示することが、大人の流儀で、社会の潤滑油なのかもしれない。

**************************************************************************************

ここで困るのが「3つも案を出せるか?」ということだ。
“信念の1案”のカウンターパートとして、何かをひっくり返した”もう1案”をひねり出すことは、可能だ。むしろ、こういうスキルは身につけといた方が良い。

しかし、さらにもう1つは無理だ。そうそう思いつくものではない。
無理に考えだすための時間がもったいない。
・・・その通りである。

そんなあなたに、必殺技を教えよう。
(私は、この20年、陰に陽にこの技を使ってきた。)

**************************************************************************************

「◯◯の件で、3つの案があります。これからメリット、デメリットを説明しますので、決断をお願いします。」

「案1はこれです。」
(カウンターパートを示す。時間をかけてはいけない。補足は本命で行えば良い。)
(何か質問されても、“もう一つの案の説明で一緒に答えます”でスルーする。)

「案2はこれです。」
(信念の案。これを説明しながら案1を否定する。これが強い説得力を生む。)

・・・
「案3は、案1よりも明らかに劣っているので、時間がないので、ここでは割愛します。」
「さて、案1と案2、どちらにしますか?」

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>