Xcodeで「deprecated」と言われたら


ある日突然のSDKのバージョンアップで、ビルド時に「deprecated」という「Warning」が出たら、

iOSのバージョンアップで仕様を変えたからね。もうコイツを使うことは勧めないよ。
リファレンスを見て、修正してね。

という意味です。


見るのはここ。検索窓が2カ所あるけど、使うのは《上》。

今回、出会った「deprecated」は2個。

  • ‘UILineBreakModeCharacterWrap’ is deprecated: first deprecated in iOS 6.0
  • ‘UITextAlignmentCenter’ is deprecated: first deprecated in iOS 6.0

試しに「UILineBreakModeCharacterWrap」を《上》の検索窓に入れましょう。
画面が遷移して、下図のようになります。

ドキュメントが1個だけ見つかりました。

このドキュメントをクリックして、開いた画面で「Ctrl+F」で「UILineBreakModeCharacterWrap」を検索すると、

と、すぐに見つかります。

ここに、こう書いてあります。

つまり、「ここに並んでいるのはすべて“NSLineBreakMode”に替えたからね」ということです。

“NSLineBreakMode”は、リンクになっているのでクリックします。

数も6個で同じ、アルファベットの並びも同じようなもの・・・ですので、上から順に対応して置換すれば良いことが分かります。
英語が読めなくても簡単ですね。

対応は以下になります。

   【UILineBreakMode】                      ->    【NSLineBreakMode】
   UILineBreakModeWordWrap                 ->   NSLineBreakByWordWrapping
   UILineBreakModeCharacterWrap        ->   NSLineBreakByCharWrapping
   UILineBreakModeClip                               ->   NSLineBreakByClipping
   UILineBreakModeHeadTruncation       ->   NSLineBreakByTruncatingHead
   UILineBreakModeTailTruncation         ->   NSLineBreakByTruncatingTail
   UILineBreakModeMiddleTruncation     ->   NSLineBreakByTruncatingMiddle

「UITextAlignmentCenter」で、同じ様に調べてみてください。
同じドキュメントがヒットします。
対応は以下です。

    【UITextAlignment】                   ->    【NSTextAlignment】
   UITextAlignmentLeft                          ->   NSTextAlignmentLeft
   UITextAlignmentCenter                     ->   NSTextAlignmentCenter
   UITextAlignmentRight                        ->   NSTextAlignmentRight
   *************************               ->   NSTextAlignmentJustified
   *************************               ->   NSTextAlignmentNatural


2つほど増えていますね。
「自然な感じ」「現在の文章に従って」それぞれ文字揃えをするようです。
実際にコードを書いて確かめてみると良いかもしれません。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>