「あなたの仕事の価値は何ですか?」


「あなたの仕事の価値は何ですか?」

ロゴスウェアでは、このような質問に自分で答えを出すことが求められる。もしロゴスウェアに入社するならば、じっくりと考えてもらいたい。
正解があるわけでもないし、急いで答えを出す必要もない。また時とともに変わっても良いし、変わるべきかもしれない。


**************************************************************************

私は大学で「化学」を専攻した。

授業やそれ以外の場で、何人もの先生から同じような教えを受けた。
「何百万、何千万円かけて、マイクログラム単位の“世界で初めて”の物質を作ることにも価値がある。しかし、人類に有用な高価な物質を、大量に安く作る“世界で初めての方法”を見つけ出すことにも価値がある。」

ある日、博士課程の先輩から
「俺は、工場のおっちゃんが、バケツに入れた原料を“ちょっと余ったから入れちゃえ、エイヤッ”って投げ入れても、ちゃんと製品ができるような方法が素晴らしいと思っている。」
と酒の会話の中で言われた。

私は、先輩の言葉にとても感銘を受けた。毎日ミリグラム単位で実験をしている先輩の“隠れた夢”を見れたような気がした。

システム開発の世界も同じようなことが言える。

「世界で初めてのアプリケーションを作る」のか、「安く、早く、有用なアプリケーションを作る」のか、どちらにも“価値”はあると思う。

私自身は、後者により大きな魅力を感じている。

“プログラム”は、標準化が必要だと考えている。
「私しか書けないプログラム」が、いかに多くの問題を生じさせるかは、この世界にいれば理解されると思う。
“誰もが書けるプログラム”で“誰もが理解できる標準化された書き方”であることが、システム開発の世界では“価値”があるのも真実だ。だから、ここに挑戦することは避けるべきだ。

皆が同じツールを使っていても、さらにその先に“価値の差”が生じると考えている。
それは、「どれだけ顧客の問題を解決したか?」という“価値の差”だ。
“価値を測定する指標”は、“手元のコード”にあるのではなく、“顧客”の側にある。

私は“ゲームを作ること”には、全く興味がない。
それよりも、“顧客がより多くの利益を出すためのシステム”、“顧客がより多くのコストダウンを達成できるシステム”に興味がある。

皆が知っているプログラム言語で、誰もが理解できる書き方で、驚くような“顧客に利益をもたらすシステム”を構築することが、私にとっての“仕事の価値”だと考えている。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Comments are closed.