Mac+ParallelsにUbuntuをインストールする(第2回)


前回に続きまして、ニッチな作業の中のさらにニッチな作業を解説します。
Mac+ParallelsにUbuntuを入れたときの、Ubuntu上での「キーボードの設定」です。
(しかも“特別なインストール”をしたわけでもないのがミソです。)

1.Mozcを入れる

色々とアドバイスをくれるW氏が「Mozcが必要です」と言ったので、必要なのです。

$ sudo apt-get install ibus-mozc


ちょっとハナシが逸れるのですが、“色々知っている人を大切にする”のは私の人生訓なのですが、本当に大切にしなければなりませんね。

2.Keboard Layout

ここをクリックして、

ここに「Japanese」を追加します。

実はここが問題で、リストの中に「Japanese(Macintosh)」というのがいるわけで、「普通はコッチだろ」とこっちを選択すると違うキー配列になります。
少なくとも私の使っているiMacやMacBookProでは不適合です。

3.Language Support

ここをクリックします。

何かをinstallしようとしますし、それを阻止できないので、何かをinstallし終わるまで待ちます。
図の上の赤枠の所で日本語を追加します。
下の赤枠の所で「ibus」を選択します。

4.Keyboard

クリックしたら何かが出来そうなのだが、何もしません。(「何もしない」という情報も、よく分かっていない人には重要な情報なんです。)

5.IBusの設定

上の方にあるステータスバーに、キーボードのアイコンが2つ並びます。
その左側(である保証はどこにもないが)をクリックします。「Ja」のような言語表示がない方がソレです。

ドロップダウンリストの「Preferences」をクリックします。

「General」タブの赤枠をクリックします。

今から、スペースバーの横にある「英数」キーと「かな」キーを有効にしようとしています。
図の赤枠をクリックします。

このようなダイアログが出るので、この状態で「英数」キーをクリックします。

ダイアログが閉じるので、1つ前の画像にある「Add」をクリックします。これで、「英数」キーが使えるようになります。
同じように「かな」キーも有効にします。
ついでに、明らかに不要なキーの設定があるので、消しちゃいましょう。

次に「inputMethod」タブに移動します。
図の赤枠(左)をクリックして、「Japanese – Mozc」を追加しましょう。
赤枠(右)をクリックして確定させます。

6.確認する

キーボードの「command」キーをクリックします。
「Dash Home」(アプリのランチャーだと認識している)が立ち上がります。
「gedit」と打って「Text Editor」を起動します。(「ge」を打ったくらいで候補アプリに出てきますのでそこでEnterでOKです。)
「英数」キーや「かな」キーが有効に働くことを確認します。

今回は以上です。
次回は「Pythonのインストール」です。
・・・いや、Pythonは最初から入っているので、Pythonの開発環境を整えるアレコレの作業の一部を紹介します。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>