油断大敵


きっかけは、cdコマンドを打った後は必ずlsを打つから自動設定しておこうと考えたことでした。

最近、開発がWindowsからMacになって、コマンドを多用するようになりました。

ぐぐると

function chpwd() { ls }

を.zshrcに追記すればいいということが分かり追記。

ついでに、履歴による予測入力も

autoload predict-on

を追記して有効にしてみた。

「l」を打ったら履歴から保管され、lsのつもりで無意識にEnterキーを押す。

うん?

$ ls | grep -v ‘xxx’ | xargs rm -rf

ああ、最近余計なディレクトリを削除するのに使ったコマンドか・・・。

え!?、あぁーーーーーーー。

Control+Cを押すも手遅れ。

しかも$HOMEディレクトリで実行してしまった!
~/Applicationsから始まり、~/Libraryまで消してた…。

どうしようもないので、TimeMachineで1時間前の状態に復旧。

TimeMachineはこういうときのためにあるのかと感心しました。

ただ、怖くなったので、

alias rm=’gmv -f –backup=numbered –target-directory ~/.Trash’

と設定しておいた。(すぐに面倒になって外すかもしれませんが)

10年以上コマンドを叩いていてもこんな失敗を・・・。

The following two tabs change content below.

TAIRA

Sofrware Engineer.

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>