やらないことの合意


制作や開発で顧客とトラブルになる1つとして、お互いが認識している作業範囲の相違があります。
「え、ここは今回の契約に含まれないんですか?」というものです。
これ、だれが悪いという訳ではなく、人間見えている部分に注意が行きがちで、見えていない部分には注意が行きません。
契約書、見積書には、やることはしっかり書かれてあっても、やらないことは書かれていないため、こうなることもあります。

何か良い情報はないかなーと、経済産業省がまとめている、以下のページを眺めていました。
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/softseibi/index.html#p02

すると「モデル取引・契約書<追補版>-重要事項説明書(修正履歴)」を見つけました。
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/softseibi/model_tuiho/model_tuiho_jusetu.pdf

このPDFの1ページ目、この形は使えそう、そう感じました。
全体のフェーズを書いておき、その中で今回の契約に含む、含まないを明示的にしています。
こうすれば、「今回の契約は、保守に関わる部分は含まないということだね」など、明確に分かります。

これを応用すれば顧客との合意や、チーム内での作業範囲の合意など、さまざまなところでミスコミュニケーションを防げそうな気がします。

The following two tabs change content below.

ロゴスウェア

ロゴスウェア株式会社は、インターネットや情報技術を使って学習に革新的進化をもたらす製品を開発することを目標に、2001年7月に設立されたテクノロジー系ベンチャー企業です。

Comments are closed.