ブック&スライド型コンテンツ作成ソフト 「PRESENTER STORM Maker」


■PRESENTER STORM Makerとは

今年4月 PRESENTER STORM Makerをリリースしました。
PRESENTER STORM Makerは、既に所有している出版物、書籍、パンフレット、PowerPointファイルなどを有効利用し、小さな投資コストで、高品質なプレゼンテーションコンテンツを作成できるソフトウェアです。

 

PRESENTER STORM Makerについての詳しい情報は、こちらのページを御覧ください。
紹介ページ

 

ブック形式 →スライド形式

 

■PRESENTER STORM Makerの技術的特徴 — “どんな素材でもプレゼンテーションコンテンツに”

ここではPRESENTER STORM Makerの技術的特徴についてご紹介したいと思います。

PRESENTER STORM Makerの開発テーマは、”どんな素材でもプレゼンテーションコンテンツにしてしまおう”というものです。

従来のプレゼンテーションコンテンツは、素材としてPowerPointファイルを使用するものが主流ですが、それ以外の素材も扱えるようにしたい、と考えたのが開発の出発点です。

たとえば、”デジタルブック”を素材として使用できれば、わざわざPowerPointファイルを用意しなくても、出版物、書籍、パンフレットをそのままプレゼンテーションコンテンツにすることができます。

また、将来的には全く別の用途で作成したFlashコンテンツなども素材として使用したいケースがあるかもしれません。

しかし、従来のソフトウェアでは、新規の素材をプレゼンテーションコンテンツに組み込むことは非常に困難でした。プレーヤー、オーサリングツールをその素材に合わせて大幅に変更する必要があるからです。

PRESENTER STORM Makerでは以下のような方法で、この課題をクリアしています。

◆プレーヤー

・コンテンツの構成要素は、全て独立した”インラインフレーム”で構成する。

 STORMの各構成要素は別々インラインフレームで表示されています。

 

・構成要素は共通化されたAPI(JavaScript通信)で制御する。

 

◆オーサリングツール

・どの構成要素を使用するかを外部XML(コンテンツタイプ定義ファイル)で定義する。

コンテンツタイプ定義ファイル(contentsType_config.xml)で、編集画面でどの構成要素を使用するか、どのような素材を読み込むが規定されます。

・編集情報入力インタフェースを、外部モジュール化する。

“キューポイント編集”などの編集情報入力インタフェースを、外部モジュール(外部SWF)として読み込むことで、構成要素に合わせて変更することが可能となります。

このような方法で、PRESENTER STORM Makerは、非常に高い拡張性を実現しています。

たとえば、STORM Makerのユーザーがオリジナルの構成要素を自由に作成・使用する、といったことも将来的には可能になるかもしれません。

このようにPRESENTER STORM Makerは、”無限の可能性”をもったプレゼンテーションコンテンツ作成ソフトであるといえます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>