SCORM1.2対応クイズ型コンテンツプレーヤー


問題画面→解説画面の構成でクイズを出題していくクイズ型コンテンツプレーヤーを開発しました。

このページを表示するためには Flash Player が必要です。

var so = new SWFObject(“http://labs.logosware.com/wp-content/blogs.dir/7/files/2008/03/linkbtn2.swf”, “linkbtn”, “300”, “130”, “8”, “#FFFFFF”); so.addParam(“wmode”, “transparent”); so.write(“linkbtn”);

画面レイアウトやクイズデータを外部XMLファイルで定義しているため、Flashに詳しくない方でもクイズ問題・解説を変更したり、画面レイアウトをある程度変更することが可能です。また、SCORM1.2に対応しており、LMS(学習管理システム)のテスト教材としても利用可能になっています。

クイズ型コンテンツプレーヤーの特徴

クイズ型コンテンツプレーヤーは主に以下のような特徴があります。

FLASHファイルの変更なしで画面デザインレイアウトを変更可能

各画面デザインレイアウトを、外部XMLファイルと外部画像ファイルで設定しているため、SWFファイル(FLASHファイル)変更なしで画面デザインレイアウトを変更可能です。

以下の例はFLASHファイルはすべて同じものであり、スキンレイアウトXMLファイルと画像ファイル一式を差し替えることで画面デザイン・レイアウトを変更しています。

<クイズ問題画面例>

gamenImage01
gamenImage02
gamenImage03
gamenImage04
gamenImage05
 

<クイズ解説画面例>

gamenImage06
gamenImage07
gamenImage08
gamenImage09

 

FLASHファイルの変更なしでクイズ問題・解説を変更可能

クイズ問題・解説を外部XMLファイル、または弊社開発のテスト管理システムにて設定しているため、SWFファイル(FLASHファイル)変更なしでクイズ問題・解説を変更可能です。

多彩な解答形式、多彩な出題データに対応しています。

<解答形式>

  • ボタン選択解答(択一解答)
  • ラジオボタン選択解答(択一解答)
  • チェックボックス解答(複数選択解答)
  • テキスト入力解答

 

<出題可能データ>

問題/解答選択肢共に以下のデータを使用することが可能です。

  • テキスト
  • 画像(jpg,swfファイル等)
  • 音声(MP3ファイル)
  • 動画(FLVファイル)

 

SCORM1.2に対応したSCORM通信が可能

外部設定XMLファイルの設定を変更することにより、SCORM通信の有無を設定できます。
また、SCORM通信を行う場合はSCORM1.2の仕様で通信を行い、SCORM1.2の必須データモデルに関してデータ送受信を行います。
これにより、SCORM1.2対応のLMS(学習管理システム)にSCO教材として登録することが可能です。

 

クイズ型コンテンツプレーヤーのシステム構成概要

SystemImage2

 

クイズ型コンテンツプレーヤーの今後

現在、クイズ問題・解説XMLファイルおよび、画面デザインレイアウトXMLファイル等の各種作成・変更ツールが未開発のため、仕様検討・開発を行っていく予定です。

The following two tabs change content below.

伊藤(秀)

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>