MacのXdebug設定(非MAMP環境)


MacのMAMP環境でのXdebugの設定方法は見かけるのですが、Mac標準のApacheでの設定方法があまりなかったため書いておきます。

環境

  • MacOSX 10.5 Leropard
  • PHP 5.2.8(標準)

まず、わたしが試した失敗例から紹介します。
他の環境と同じようにXdebugのサイトから、sourceをダウンロードし

  1. phpize
  2. ./configure –enable-xdebug
  3. make
  4. xdebug.so のコピー
  5. php.ini の設定

と、やってみたのですが、どうもうまく設定できませんでした。ネット上をいろいろ調べてみると、みなさん結構苦労しているようです。

どうやら、Komodoで提供しているxdebug.soを利用する例もいくつか載っていたため、チャレンジしてみました。

KomodoのサイトからRemote Debugging Packagesをダウンロードします。(このときはKomodo 5.2 (alpha)のPHP Remote Debugging Mac OS Xをダウンロードしました。)

展開するとPHPのバージョンごとにディレクトリがあるため5.2のなかにあるxdebug.soをコピーします。

sudo cp ./xdebug.so /usr/libexec/apache2/xdebug.so

つぎにphp.iniの設定を行います。Macのphp.iniは、初期設定ファイルとして /etc/php.ini.default が置いてあるので、

sudo cp ./php.ini.default ./php.ini
sudo chmod 666 ./php.ini

とし、.php.iniに以下の内容を追加します。

[xDebug]
zend_extension="/usr/libexec/apache2/xdebug.so"
xdebug.remote_enable = On
xdebug.remote_handler = dbgp
xdebug.remote_host = localhost

その後、Apacheをリスタート

sudo apachectl graceful

phpinfo()を確認し、下記画像のようにxdebugのverが表示されていれば成功です。

Xdebug v2.0.4

The following two tabs change content below.

いしかわ

まだまだ広く浅く勉強中のエンジニア。得意分野はラーメン。

Comments are closed.