WebデザイナーとWebプログラマー


ロゴスウェアでは、
Webシステムを作成するとき、
WebプログラマとWebデザイナーが連携して作業を行います。

UIのデザインはデザインの専門家に。
プログラムの開発はプログラムの専門家に。
これが我々のシステム開発の1つのルールになります。

しかし、実際この「連携作業」は中々難しいものです。
密にコミュニケーションを取り、お互いが仕様を理解しないと、
色々な問題が発生します。

以下にその一例を紹介させていただきます。
【例】
・プログラマは、商品ランキングを表示する画面デザインをデザイナに依頼する為、
 下記のようなラフなデザイン指示書を、デザイナに渡した。
・デザイナは、指示書とおりにHTMLのソースをプログラマに提供した。
blog_image2
一見すると問題ないようですが、コミュニケーションが不足すると、以下のような問題が発生しがちです。
【問題】
・デザイナは3×2行の1~6位のランキング表示と理解し、デザインを行った。
・プログラマは表示するランキングには、上限・下限がないものと考えていた
 結果、1~8位まで表示しようとプログラムを書いたところ、デザインが崩れてしまった。

この場合、原因はプログラマにあります。
・このランキング表示は横3マスで構成されているが、何行になるか解らない。
 上限なく表示できるようにして欲しい。
この一言を指示書に記載すれば、このような問題は発生しなかったはずです。

デザインとプログムを分業することで、システムのクオリティは良いものになります。
但し、分業をするのであれば、
「それぞれが自分の常識で動かないこと」
これが重要であると私は思います。

「ランキング表示なんて何位まで表示するかは可変だろう!?」
というのは、プログラマの勝手な常識、言い分です。
何の言い訳にもなりません。

The following two tabs change content below.

ロゴスウェア

ロゴスウェア株式会社は、インターネットや情報技術を使って学習に革新的進化をもたらす製品を開発することを目標に、2001年7月に設立されたテクノロジー系ベンチャー企業です。

最新記事 by ロゴスウェア (全て見る)

Comments are closed.