面接に課題を導入


システムデザイングループの面接に課題を導入いたしました。

以下は、先日行った2次面接で、実際に行われた課題になります。

【2次面接課題】
目的:
プログラムの設計能力、コーディング能力、解析能力を
総合的に計ることを目的とする。

課題:
①ユーザー(利用者)はWeb画面でキーワードを入力する。
②システムは、キーワードをデータベースに保存し、ID番号を発行する。
③システムは、定期的にYahoo!トピックスAPIを利用し、そのキーワードに該当する
ニュースを取得し、データベースに保存する。
④ユーザー(利用者)は、Web画面に①発行されたID番号を入力することで、
データベースに蓄積された情報から、指定されたキーワードに関するニュースを
閲覧することができる。
※「表示されるニュースを重複させない」など、利便性を向上させる工夫をすること。

条件:
①言語はPHPをメインで用いること。
②データベースはMySQLを用いること。
③API利用のため、Yahoo!デベロッパーネットワークに登録すること。
④可能であれば、公開可能な自己所有のサーバーにて構築すること。

ご一読いただければ分かります通り、

仕様を要求にとどめた自由度の高い課題になっております。

面接は一種のアピールの場です。

通り一遍に課題をこなし、要求通りの成果を見せていただいても、それは面接官の心を捉えることはないと思います。

私はこの課題の中で、「自分で思案した工夫」をアピールしていただきたいと求めているのです。

この私の隠れた要求を、課題の中から読み取ることが、1つ目のハードルかもしれません。

今回面接に来ていただいた方は、たくさんの「工夫」をもって、私の要求に応えてくれました。一部を紹介いたしますと、

  • Smary(フレームワーク)を用いて開発を行った
  • 重要になるDB操作の関数を定義することから着手した
  • コードレビューを円滑にするためSubversionの導入とWebビューアを用意した

これらの「工夫」が正解であったかどうか?それは最重要の問題ではありません。

自分で思案し、工夫したこと、またそれらを積極的にアピールしたこと、それが重要なのです。

これは、実際の業務の中でも言えることだと思います。担当する開発業務の中で、顧客の要求を満たすことは最低条件ですが、その中により良い機能を工夫し、顧客の満足を得られれば、ひいてはそれを社内でアピールし、評価を得ることができれば素晴らしいことです。

システムデザイングループでは、それらが行える環境を用意しているつもりです。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>