CentOS 5.5にPHP 5.3をyumインストール


CentOS 5.5では、PHPは 5.1.6が標準のバージョンになります。

PHP 5.3を使いたい場合、ソースからインストールするか、
別リポジトリを利用します。

下記、epel, remiリポジトリを利用したインストール方法になります。

◆リポジトリを追加。
$ wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
$ wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
$ rpm -Uvh epel-release-5-4.noarch.rpm
$ rpm -ivh remi-release-5.rpm

◆古いPHP、MySQLを削除。
$ yum remove php-cli php-common php-gd php-ldap
php-mbstring php-mysql php-pdo php-pgsql

◆PHP 5.3,MySQLをインストール
$ yum install php php-common php-devel php-cli php-mbstring
php-gd php-pear php-mcrypt php-xml php-xmlrpc php-pdo php-mysql
mysql-server
--enablerepo=epel,remi

以上の作業で、
$ php -v
で確認すると、PHP 5.3.4と表示されると思います。(2010/12/15 現在)

The following two tabs change content below.

TAIRA

Sofrware Engineer.

Comments are closed.