LVMでディスク領域を操る(その2)


渡部@つくば です。
最近東京オフィスの方にもワタナベ君が新たに仲間入りし、
社内ではたまにメールの誤送が起きているようです。だから何だという話ですが。

その1の続きです。

(5) ディスク拡張

一旦VMサーバをシャットダウンし、VMのホスト上で、sdaに相当するディスクイメージを拡張します。
以下のコマンドは領域を50G増やす例です。

# qemu-img resize archiveserver.img +50G

その後VMを起動した状態のイメージが以下です。

(6) パーティション整理

sda内の現在のパーティションを削除し、新たに大きなパーティションを確保します。

fdiskでsda2,sda3を削除し、最大の容量でsda2を作成し直します。
作りなおすsda2は、その1でsdb1を 作成した時同様パーティションタイプを「8e」にします。
ディスクへの変更を書き込んだら、partprobeでパーティション情報を読み直します。

作成しなおした状態です。

(7) PV化、VGへの追加

sda2を、PVとし、VGへ追加します。

# pvcreate /dev/sda2
# vgextend ubuntu /dev/sda2

実行すると以下のイメージになります。

(8) LVの移動

LVを、元のディスクに戻します。

# pvmove /dev/sdb1 /dev/sda2

しばらく待ち、完了すると以下の状態になります。

(9) 作業用ディスクの切り離し

作業用のsdb1をVGから切り離し、PVも解除します。

# vgreduce ubuntu /dev/sdb1
# pvremove /dev/sdb1

実行後の状態のイメージです。

(10) LVの拡張

これで終わりではありません。この状態ではOSからは、今のLVのサイズでしか認識されておらず、
せっかく追加した領域が使われていません。

以下のコマンドで、メインのLVを拡張します。

# lvextend -l +100%FREE /dev/mapper/ubuntu-root

VG内で未使用の領域の100%をubuntu-rootに足しこむ、という意味になります。

これでボリュームとしては拡張完了ですが、OSからこの領域を使用するには
ファイルシステムのレベルでの拡張も必要です。

# resize2fs /dev/mapper/ubuntu-root

しばらく待って完了すれば、一連の作業は完了となります。

 

LVMは非常に柔軟で、ディスクの空き容量が足りなくなってきた場合などに
強力に潰しが効かせられる仕組みです。
新たに何かしら運用するサーバをセットアップする、という際には
基本的にLVM使用でセットアップする事が、転ばぬ先の杖、と言えるでしょう。

 

The following two tabs change content below.

渡部(潔)

最新記事 by 渡部(潔) (全て見る)

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>