CentOSにMonoでASP.NET環境を構築した時の参考サイト


インストール方法については以下のページ
CentOSにMonoでASP.NET環境を構築:yumは使えない

LinuxでASP.NETを入れようとすると、どのモジュールが何の役割しているのかチンプンカンプンなので、調べた際に参考になったサイト

本家
http://www.mono-project.com/

Monoのバージョンと.NETのバージョンでの互換性一覧
http://www.mono-project.com/Compatibility

MonoBook:インストール方法など書かれているwiki
http://monobook.org

ASP.NET MVCについて書かれたプレゼン資料
http://www.slideshare.net/miso_desu/hokurikunet-aspnet-mvc-20120825


以下、いろんなサイトを回って得た情報

 

■ ASP.NETとは
Active Server Pagesの.NET向け環境
ASP.NETでは「ASP.NET」と「ASP.NET MVC」という2種類のフレームワークがある。
「ASP.NET」はWindowsアプリケーションに近いイベントドリブン型のフレームワーク。たぶん、VisualStudioでWindowsアプリを作る感覚でWebアプリを作れるのだと思う。
「ASP.NET MVC」は名前にあるようにMVCフレームワークとなる。いままでMVCで開発してきたエンジニアにはこちらのほうが分かりやすそう。

■ Razorとは
ASP.NET MVC3から導入されたViewのテンプレートエンジン。

■ mod_monoとは
ApacheとXSPを連携させるモジュール

■ XSPとは
Monoプロジェクト上のオープンソースで、Webアプリケーションサーバー。デバッグ時のWebサーバーとしても活躍できるようなミニマムなサーバー。
xsp、xsp2、xsp4がある。

The following two tabs change content below.

いしかわ

まだまだ広く浅く勉強中のエンジニア。得意分野はラーメン。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>