Python+Djangoを使ってみる(チュートリアルをやってみる:第1回)


前回までに、Mac + Parallels + Ubuntuというセットでの環境構築を済ませて、時計も合わせたし、キーボードも正しく使える状況になりました。
次に、「Pythonを使ってみようではないか」という当初の主旨に沿って、少しずつ進めていきたいと思います。

1.インストールされているPythonの確認

とりあえず、Terminalを起動して「python」と入力します。

$ python
Python 2.7.3 (default, Aug  1 2012, 05:14:39) 
[GCC 4.6.3] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> 


これで、Pythonは最初から入っていることが分かりましたし、Pathも通っているのが分かります。

2.>>>を閉じる

Pythonが「>>>」と表示していまして、これは「早く何か入力しろや」と言っているのであります。
こいつを閉じる方法なぞ知らんので、適当に打ちます。

>>> exit
Use exit() or Ctrl-D (i.e. EOF) to exit
>>> quit
Use quit() or Ctrl-D (i.e. EOF) to exit


いやぁ、とても親切ですね。
「exit()」と入力するか、「quit()」と入力するか、「Ctrl-D」とキーを押せば良いようです。

3.Pipのインストール

どうやらPipというPythonのパッケージマネージャーがあるらしく、議論の余地なくインストールせざるを得ない雰囲気があります。

$ sudo apt-get install python-pip

4.Djangoのインストール

さっきのPipを使います。

$ sudo pip install django

これだけですか!人間が追い求めて止まない「真・善・美」がすべて備わっているかのような流れですな。

確認します。

$ python
>>> import django 
>>>django.VERSION
(1, 5, 1, 'final', 0)
>>>

5.チュートリアルを見る
このチュートリアル(Djangoのサイト)を、可能な限り最初から触ってみましょう。

最初のコマンドを入力します。

$ python -c "import django; print(django.get_version())"
1.5.1


こういうバージョンの取得の方法もあるようです。
さっきのはプロパティを見て、こっちのはメソッドを叩いているようです。

次は、プロジェクトを作るコマンドのようです。
そこで、前もって「Workspace」を作って、そこに移動しておきましょう。

$ cd ~
$ mkdir Workspace
$ cd Workspace


そこで、

~/Workspace$ django-admin.py startproject mysite


とします。
解説の通りに、プロジェクトが出来上がっています。

次に、文中に書かれてしまって見落としがちなコマンドがあるので、これを入力します。

~/Workspace$ cd mysite/
~/Workspace/mysite$ python manage.py runserver
Validating models...

0 errors found
April 23, 2013 - 17:53:48
Django version 1.5.1, using settings 'mysite.settings'
Development server is running at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.


ブラウザで「http://127.0.0.1:8000/」を見ると、動いていますねぇ。

今回は、以上です。Python + Djangoが動いたという成果で満足しましょう。
チュートリアルの次の項目が「Database setup」なので、その前にPostgreSQLをインストールしなければなりません。
よって、次回は「PostgreSQLをインストール」です。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>