sshで Write failed: Broken pipe を防ぐ


Macからsshでサーバーに接続し、ある一定時間操作をしないと

Write failed: Broken pipe

となって接続が切れてしまうことがあります。

それを防止するためには、

クライアント側で、
$ vim ~/.ssh/config

# 60秒間隔で応答確認
ServerAliveInterval 60

と記述すると切れにくくなります。
(上記で設定した時間で応答がないときは、ServerAliveCountMax の回数だけ応答確認してそれでも応答がないとタイムアウトする。)

また、サーバー側で対応するには、

# vim /etc/ssh/sshd_config

# 5分
ClientAliveInterval 300

# service sshd restart

とします。

The following two tabs change content below.

TAIRA

Sofrware Engineer.

Comments are closed.