Windowsマシンの必要性


iPhoneのアプリ開発が面白そうなため、iPhone3GSを購入した。
 
 
アプリ開発にはMacが必要になり、購入のためにいろいろ検討していたのだが、そのうち所有しているWindowsマシンが必要ないのでは?と思えてきたのだ。
 
というのも、今のMacでは昔のように不便な点が見当たらないどころか、Windowsよりも優れているように感じてきた。
(まぁそれはまだ使い込んでいないからだと思うが)
 
 
まずWindowsの利点だが
・情報量が多い
何よりも、この差は大きいと思う。使っている人の絶対量が多いため、ネット上での情報量も多い。
 
・多くのハードウェアから選択できる
多くのハードウェアメーカーから、さまざまなハードが提供されている。自分にあったハードを選択できるし、値段もピンキリなので選択の幅も広がる。
 
・回りの人に相談しやすい
自分の周りでWindowsを使っている人は90%以上だ。困ったときにすぐ相談できるし、同じ話題でおちゃらけた話をすることもできる。
 
・日本語変換機能が優秀
標準のIMEが結構優秀で、ATOKを考える必要もないが、Macのことえりは、ATOKの必要性を感じてしまう。
 
・PCゲーム
ゲームが目的でPCを購入するのであれば、Windowsマシンになるだろう。Windowsのみで稼動するソフトは相当数あると思う。
 
 
で、Macの利点はというと
・Web開発
どちらかというとUnixOSを元にしているMacのほうが、開発は行いやすい。特別なツールなどを入れなくても手元の環境がUnixなため、簡単に開発環境を構築できる。もちろん、Javaで動くEclipseも問題ない。
 
・ハードウェア、ソフトウェアの双方をAppleが開発している
MacBookのトラックパッドを利用してみるとわかりやすい。1本指から4本指までの操作に対応している。と書いても想像できないものだが。ハード、ソフト両方を開発しているため、さまざまなアイデアを実現しやすいのではないかと思う。
 
・iPhoneの開発ができる
他の環境でもできないこともないが、やはりMacのほうが開発しやすいだろう。
 
・OSが64bit化され、3GB以上のメモリが使える
MacOS10.5のLeoperdから、OSのメモリ回りが64bit化されている。MacProでは48GBのメモリも使えるらしい。さらに次のSnowLeopardではOSのコア部分が64bit化されるらしい。
※余談・・・Windowsでは32bit版と64bit版が発売されているが、Macでは1つのOS内で32bitと64bitを共存させている。これはCPU等のハードに命令する前に、クッションとなる仕組みを用意しておき、32bit命令か、64bit命令か振り分けているようだ。
 
・そして最後になるが、IntelMacになりWindowsが起動可能になった
利点ではないかもしれないが、Windows上ではMacは起動できない。しかし、Mac上では、VMWare Fusion や Parallelsといった仮想ソフトを使うことで、ウィンドウ内でWindowsを起動できる。いざというときにも困らないし、開発時のデバックなどにも対応できる。
  
 
上記にいろいろ理由を挙げたが、決定的だったのはMac上でWindowsを起動できる。ということだ。やはり仕事でWindowsを利用しているのならば、プライベートでもWindowsを使いたくなることはある。MacでWindowsを使えることは大きい。
 
 
このような理由もあって、一番最初に触ったMacintosh Performa 575から15年の時を経て、MacBook 2400(MB467J/A)を使うことになり、久しぶりにMacerに戻ることになった。

The following two tabs change content below.

いしかわ

まだまだ広く浅く勉強中のエンジニア。得意分野はラーメン。

Comments are closed.