大切なものこそ、目に見えるようにすべき


「 大切なものはね、目には見えないんだよ。 目では見えない、心で探さないと。 」

『星の王子さま』 サン=テグジュペリ

*******************************************************************

こんな実験をしてみよう。

最近のニュース番組は、画面の片隅や下部にさまざまな文字を表示しており、それは当然、“ニュースをより効果的に伝えるためのものだ”と仮定できるので、その効果を確認してみよう。
方法は簡単で、音声をゼロにして画面だけを観て、ニュースを理解できるかどうか?を試してみれば良い。

私は、某公共放送のニュース番組でやってみた。

このブログ記事を書くということは、どんな結果だったか想像できるだろうが、その想像の通りである。
画面にテロップが流れるのだが、結局【何が】【どうした】の重要な2つのポイントが両方とも全く分からなかったニュースすらある。

皆さんもやってみることをお勧めする。

*******************************************************************

Power Pointを使ったプレゼンテーションも、“耳から伝える情報”と、“目から伝える情報”をミックスさせるという点において、テレビのニュース番組と同じ構造である。

マシンガンのようにしゃべりまくって、すべての情報を耳から伝えるのは、明らかに誤ったプレゼンである。
かといって、すべての情報をスライドにごちゃごちゃ書き込んで、「これを読め」というのは、むしろ最低なプレゼンだと言ってよい。

そこで、“耳から伝える情報”と“目から伝える情報”とをどのように振り分けるのか、という点が重要になる。
特に「何を目から伝えるのか?」に心を砕くべきであろう。
*******************************************************************

「スライドにはメッセージを書け」
というアドバイスは、プレゼン上達本に繰り返し書かれている。

「では、メッセージとは一体何だ?」
という疑問に対する回答を、一発で明確に実感するのが、上記の実験である。

皆さんもやってみることをお勧めする。

*******************************************************************

ちなみに、冒頭の引用は・・・
「一体何を伝えたいのか分からないプレゼンのスライド」に対する皮肉である。

「プレゼンするなら、目に見えるようにしろ」
と、自分に言い聞かせるのに、反語的にマッチする名言である。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>