[iPhoneアプリ開発]自作Frameworkをつくる(第3回 Command Line Tools)


[iPhoneアプリ開発]自作Frameworkをつくる シリーズ(Xcode 4.6対応)
第1回 プロジェクトを作る
第2回 Property Listを作る
《今回》第3回 Command Line Tools
第4回 Targetを作る
第5回 Workspaceを作る
第6回 Frameworkを完成させる
第7回 リンカフラグ


前回は、“Frameworkになる”ためのProperty Listを作成しました。
そこで、今回は“FrameworkをBuildする”ためのTargetを作成する・・・つもりだったのですが、重要なことを忘れていました。
Buildするためには、「Command Line Tools」をインストールする必要がありますので、今回はこれを説明します。

1.Preferencesを開く
Xcodeを起動し、「Xcode > Preferences…」をクリックします。

2.Downloadsを見る

残念ながら、既にインストールしてしまっているので、図のようになっていますが、ここでインストールができます。
多少時間がかかりますが、ゆっくりお待ちください。
なお、各バージョンの「iOS Simulator」もここからインストールできます。

今回は、以上です。
次回こそ「Tagetを作成」します。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>