[iPhoneアプリ開発]自作Frameworkをつくる(第5回 Workspaceを作る)


[iPhoneアプリ開発]自作Frameworkをつくる シリーズ(Xcode 4.6対応)
第1回 プロジェクトを作る
第2回 Property Listを作る
第3回 Command Line Tools
第4回 Targetを作る
《今回》第5回 Workspaceを作る
第6回 Frameworkを完成させる
第7回 リンカフラグ


前回は、“スケルトンFramework”をビルドし、自分のコードを載せるための土台ができたことを確認しました。
今回は、当初の目的「1つのProjectで作っちゃったアプリから、Frameworkを切り出す」というラインに沿って、「とりあえず、Workspaceが必要だろう」ということでWorkspaceを作成します。

1.Workspaceを追加する
Xcodeを起動します。
「Welcome to Xcode」が表示されて、何かこの画面でやらなきゃいけないような気がしますが、この画面では何もやりません。
上部のメニュー「File > New > Workspace…」から画面に従って作成してください。


「LWLibraWorkspace」フォルダを作成し、「LWLibraWorkspace.xcworkspace」を作成しました。

作成直後は、なんにもありません。

2.元のProjectを参照追加する
上部のメニュー「File > Add Files to “Workspace名”…」をクリックします。

参照追加するProjectを選択します。選択するのは「***.xcodeproj」ファイルです。

WorkspaceにProjectが参照追加されました。

3.Frameworkスケルトンを参照追加する
上記と同じ作業をします。「LWPdfKit.xcodeproj」ファイルを選択します。

WorkspaceにProjectが参照追加されました。

今回は以上です。
説明用に、それぞれのProjectファイルを同一フォルダ内に移動させていますが、実際には、どこにあっても構いません。

なお、Workspaceへの追加は、“Projectの参照”であることを意識してください。
つまり、「複数のWorkspaceから同一のProjectを変更できる」のです。これは、非常に便利な反面、他へ影響が出てしまうような変更を加えてしまったりします。

なお、Workspaceから削除する場合は、図のように右クリックで「Delete」を選択し、「Remove Reference」をクリックします。

次回は、いよいよ「Frameworkへファイルを移動」させます。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>