[iPhoneアプリ開発]自作Frameworkをつくる(第2回 Property Listを作る)


[iPhoneアプリ開発]自作Frameworkをつくる シリーズ(Xcode 4.6対応)
第1回 プロジェクトを作る
《今回》第2回 Property Listを作る
第3回 Command Line Tools
第4回 Targetを作る
第5回 Workspaceを作る
第6回 Frameworkを完成させる
第7回 リンカフラグ


前回は、FrameworkとなるProjectを作成し、フォルダ構造を整えました。
そこで、今回は“Frameworkになる”ためのProperty Listを作成します。

1.ファイルを作成する
Projectツリーの「Resources」フォルダを右クリックし、「New File」を選択します。

図のように「iOS > Resource > Property List」を選択します。

ファイル名を「Info.plist」にします(“I”は大文字)。
この名前は任意ですが、後でこのファイルを正しく指定する必要があるので、その際は適宜読み替えてください。

前回の手順を正しくやっていれば、実体としての「Resources」フォルダの中にInfo.plistファイルが作成されます。
「Target」は、新たに作成してそれを指定しますので、ここではチェックを外しておきます。

2.Info.plistファイルを編集する
作成されたinfo.plistを見てみましょう。
Projectツリーの「Info.plist」を右クリックして、「Open As > Property List」を選択します。

次に、Projectツリーの「Info.plist」を右クリックして、「Open As > Source Code」を選択します。

これらは、“全く同じ内容”を2種類の方法で表示しているので、どちらを編集しても構いません。
今回は、一気に書き換えたいので「Source Code」を表示します。

下記をコピーして全置換します。


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
    <dict>
        <key>CFBundleName</key>
        <string>LWPdfKit</string>
        <key>CFBundleIdentifier</key>
        <string>com.logosware.lwpdfkitframework</string>
        <key>CFBundleInfoDictionaryVersion</key>
        <string>6.0</string>
        <key>CFBundleVersion</key>
        <string>1</string>
        <key>CFBundleExecutable</key>
        <string>LWPdfKit</string>
        <key>CFBundleGetInfoString</key>
        <string>LWPdfKit</string>
        <key>NSPrincipalClass</key>
        <string></string>
        <key>CFBundlePackageType</key>
        <string>FMWK</string>
        <key>CFBundleIconFile</key>
        <string></string>
        <key>CFBundleSignature</key>
        <string>????</string>
        <key>CFBundleDevelopmentRegion</key>
        <string>English</string>
        <key>NSHumanReadableCopyright</key>
        <string>Copyright LOGOSWARE,Inc. All rights reserved.</string>
        <key>CFBundleShortVersionString</key>
        <string>1.0.0</string>
    </dict>
</plist>

Projectツリーの「Info.plist」を右クリックして、「Open As > Property List」で見てみましょう。
下図のようになっています。細かい変更は、こちらでもできます。

今回はここまでとします。
次回は、Frameworkを書き出すための「Target」を作成します。

The following two tabs change content below.

谷中

システム開発チームと検証チームのマネージャー。 「疎結合 小さなクラス 分業制」 を裏スローガンとし、これが実現できてこそ、幸せな開発者人生を過ごせるという確信のもと、上流から設計まで口を挟んだり挟まなかったりしています。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>